脇の臭い基礎知識

食生活改善と食品選びで脇の臭いを抑えよう。

投稿日:


ワキガは基本的に病気ではなく体質です。両親ともにワキガの場合は約80%・片親がワキガの場合は約50%の確率で遺伝します。

それ以外にワキガ体質になる原因としては「食生活の偏り」が挙げられます。
欧米人の80%がワキガを持っているといわれていますが、それは肉食中心という食生活が大きく関係しているのです。

ワキガ 食生活 肉食 脇の臭い

なぜ欧米化した食生活だと体が臭いやすいのでしょうか。


食事の仕方や食品の選び方でワキガが悪化する。

食品そのもの以外に、食事の仕方も体の臭いと関わっています。臭いの原因になりやすい食事の仕方や食品をまとめます。

  • いつでも満腹状態である
  • 満腹な状態が続くと胃腸に負担がかかり、急性・慢性の胃腸炎にかかったり胃拡張の原因になり、口臭のもとになります。食事は腹八分目を心がけましょう。

  • 体を冷やす食べ物の摂りすぎ
  • 体を冷やす食べ物を摂りすぎると、脾臓の働きを弱めて心身ともに病気になりやすくなります。きゅうり・トマト・梨・柿などを食べすぎたりアルコールの飲み過ぎには気をつけましょう。

  • 刺激の強い香辛料
  • 刺激の強い香辛料・酒・タバコ・ネギ・ショウガなどをたっぷり使った料理の食べ過ぎは、汗腺を刺激するだけでなく、皮脂に香辛料の成分が蓄積されて汗に強い臭いを付けてしまう事になるのです。これらは直接的な口臭の原因にもなります。

  • 動物性脂肪や油
  • 肉類には動物性脂肪や脂肪酸・中性脂肪が豊富に含まれています。これらを摂取すると汗腺類が活発に働き発刊を促してしまいます。

    肉類以外にも、チーズやバター・生クリームなどの乳製品も汗腺を活性化させることが分かっています。


    また、ファーストフード店では商品の劣化を防ぐために、脂肪酸を多く含む油が使われがちです。これも汗腺を刺激してより汗を出しやすくしてしまいます。

    脇の臭いの原因 ファーストフード ワキガ

    特にワキガ体質の人は、動物性脂肪を摂りすぎると皮脂腺からの脂質の分泌量が増え、アポクリン腺や皮脂腺を発達させる原因になりやすいので注意が必要です。

    統計的に見ても、ワキガの人は脂肪分を摂りすぎる傾向にあります。


紹介した食品を見てわかる通り、欧米化した食事は体の臭いの原因になります。今このような食品を多く摂っている人は量を減らす工夫をしてみましょう。



-脇の臭い基礎知識

Copyright© 30代から挑むムダ毛・臭い対策 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.